日焼け止めはちょっと時間をおいてから

日焼け止めによる紫外線対策は、春先からおこなうのがベター。
それだけでなく、日焼け止めの効果を高くするためにも塗るタイミングが重要となります。

まず、日焼け止めは乳液を付けた後、数分以上の時間をおいてから塗るのがいいです。
乳液の効果を確実に出すためには、乳液が角質に浸透してから。肌表面が乾いてから日焼け止めを塗るようにします。そうしないと、塗った日焼け止めが肌表面に浮いてしまい、効果が出ないばかりかまだら状態になってしまうこともあるのです。

乳液と日焼け止めの相性が悪い場合では、お互いの作用が打ち消されてしまうこともあるので、乳液が浸透する時間をとってからのほうがいいのです。時間がない場合は、乳液を塗ってから一度ティッシュでぽんぽんと押して油分を取り去るようにしましょう。

ただ、乳液にもいろんなものがあり、単に保湿を目的とした乳液もあれば、メイク落としも兼ねているといった複合的なものもあります。使ってほしいのは前者です。
また、日焼け止めの後にファンデーションを塗る場合も、日焼け止めがしっかり乾いていることを確認してから。日焼け止めが乾いていない状態でファンデーションを塗ると、これも油分が肌表面に浮き出てしまってメイク崩れの原因に。持ちも悪くなります。

日焼け止めの塗り直し時間は?

日焼け止めの効果は、一般的には2~3時間ほどです。
年々性能がアップしているので、もう少し長い時間の効果が期待できる製品もあります。
が、汗や皮脂で落ちてしまうので、表示されている時間よりは短めに見ておいた方がいいでしょう。

特に屋外にいる場合は汗をかくことで落ちてしまうので、こまめにムラなく塗りなおす事を心がけたいものです。その際、保湿のなどのひと手間をかけることで、日焼け止めの効果がアップします。

拭きとり用の化粧水やシート状のメイク落としなどを使って塗りなおしたい部分の肌をきれいにし、化粧水や乳液で保湿。その後に塗ることで、お化粧直しの仕上がりのきれいに、持ちも良くなります。

ちなみに、塗りなおしてからすぐに外出するのはNG。
日焼け止めをしっかりと肌になじませてから出ないと、その効果は期待できないのです。

日焼け止めは日が落ちるまで

外に出ることがないのであれば、日焼け止めを塗らなくても大丈夫かな…と思いがちですが、それは大きな間違いです。窓から日差しが入っていれば、窓ガラスをすり抜けてUV-A波が室内に入り込んでいます。
ですから、室内にいても日焼け止めを塗っていないと日焼けします

日焼けの心配がなくなるのは、夜になってから。
日が落ちてしまえば紫外線の心配はありませんので、しっかりとメイクや日焼け止めを落として、肌をケアしてあげましょう。

↑ PAGE TOP