日焼けによる美容と健康へのダメージ

1年の中でも特に紫外線が強くなる夏。
夏が近づくと紫外線対策に注目があつまりますが、実際のところ日焼けの何が悪いのでしょうか?
また、お肌は日に焼ける事がどうなってしまうのでしょうか?

あまり良く知らないけど、とりあえず予防しておこう…といった人が多いですが、これでは効率的な日焼け予防はできません。
日焼けすることでどのような弊害があるのかしっかりと理解する事で、日焼けを上手に予防でき、美容や健康に悪影響を与えないですむのです。

紫外線には種類があり、波長が長いものからA波B波C波と分類されています。
この3種類すべてが地上まで届いているわけではなく、A波(UVA)とB波(UVB)だけ。
C波はオゾン層によって吸収されてしまうため、地上にはほとんど届きません。

地上に降り注いでいる紫外線の95%を占めると言われているA波は、肌にあたると肌を黒化してシワやたるみなどを促進し、乾燥をひどくして毛穴を目立たせます。
雲や窓ガラスなども通過し、肌の奥深くまで到達。肌の弾力を保つために必要なエラスチンやコラーゲンを変化させてしまうのです。

もう一つの紫外線、B波はどんな弊害があるのかというと、これはガラスを通過しないので外に出ている時には注意が必要。
肌の表面に強く影響を与えます。
日差しを浴びた数時間後に炎症が起きてしまった…なんていうのもB波によるもの。
肌の細胞がダメージを受けて、赤みや腫れ、水疱といった症状を発生させてしまっているのです。
また、メラニンを増加させてシミやそばかすを作り、角化のリズムを乱して肌荒れを発生させていきます。
しかも最悪な事に、皮膚がんの発症にも関わっているのです。

ただ、紫外線も全てが悪者というわけではありません
まったく当たらないのも問題。

適度に紫外線に当たることは、骨を丈夫にする働きがある活性型ビタミンDを作り出します。
日の出から9時ぐらいまでの間が骨を丈夫にしてくれる紫外線と言われていますので、
紫外線予防をする前にちょっと朝日に当たるようにするといいですね。

↑ PAGE TOP