日焼け止めサプリのメリット・デメリット

新しい日焼け止めアイテムとして注目を集めている飲む日焼け止めサプリメント。
飲むだけで日焼け予防ができるなんて、これまでこまめにクリームを塗っていたのに比べるとはるかに楽。
まさに夢のようなアイテムです。

ただ、楽で便利ではあるとはいえ、メリットだけでなくデメリットも存在します。
メリットだけでなくデメリットも理解した上で使うようにしましょう。

では、日焼け止めサプリメントのメリットとはなんでしょうか?

種類も増えてきている日焼け止めサプリメントは、あくまでも薬ではなく「健康補助食品」。
錯覚してしまいがちですが、両者はまったく異なります。

作用の違いとしては、日焼け止めクリームは塗ることでその効果を得る事ができますが、日焼け止めサプリでは服用することでその効果を得る事が出来ます。

配合される成分についてはメーカーによって異なりものの、紫外線によって生まれるフリーラジカルを破壊し、メラニン生成を抑制したり光老化がおこなわれにくくなるような成分を主成分にしています。
ちなみに、フリーラジカルとは活性酵素のことで、紫外線が体内の細胞を錆びつかせて破壊することをいいます。しかも、メラニンの生成を促してシミやくすみ、そばかすを作り出し、シワやたるみを引き起こす光老化を進行させてしまうのです。

日焼け止めクリームでは紫外線を皮膚表面でブロックして通さないようにしますが、日焼け止めサプリでは、肌に受けたダメージそのものを阻害するように働きかけます
それだけなく、ビタミン類や美容成分をプラスするなどして、日焼けだけでなく美容効果も期待できるものとしているのも大きな特徴。

また、日焼け止めサプリでは塗り忘れといった事もありません。
なによりも、内側から紫外線によるダメージを予防するのですから、塗り忘れるといった概念がないのです。

こまめに塗り直す必要もないので手軽で楽。
汗をかいたり皮膚をこすっても落ちてしまう…なんてことがないのですから、海や山などのレジャーでは安心です。 しかも、ほとんどが使用されている成分は体に優しいものを選んでいるので、敏感肌の人も安心して服用することができます。

日焼け止めクリームに含まれているような、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は含まれていないのです。

では、デメリットとしては、UV-B防止効果が短い事が挙げられます。
また、メーカーによって異なりますが、1日に服用できる量というのは決まっているので決められた時間での持続性しかないということ。
その為、長時間の外出にはどうしても日焼けクリームよりも劣ってしまうのです。

服用できる年齢はもちろん、妊娠中や授乳中、薬の服用中は気を付けないといけないと、状態によっては制限がかかってしまうこともあります。

しかも、コストパフォーマンスもよくありません。
大体、1ヶ月分平均5,000円といった金額になりますので、数百円単位で購入できる日焼け止めクリームに比べるとはるかに高額!
日焼けを予防したいとはいえ、続けるのはなかなか大変です。

がんばって続けたとしても、サプリメントは健康補助食品ですから、必ずしも思ったような効果がでるとは限りません。もしも効果が感じられなかったら…金額からして、ショックも大きいものとなります。

日焼け止めサプリは、塗り忘れがないだけでなくこまめに塗りなおす必要がなく、全身の日焼け止め対策をするのに適しています。
海や山などの日差しの強い場所でも、気にしなくていいのは助かります。

ただその反面、持続性が短い事、状態によっては服用できない事、コストパフォーマンスが悪い事は覚悟しないといけないのです。

↑ PAGE TOP