日焼け止めが脱毛効果を下げる

基本的に、日焼けした肌に脱毛処置を施すことはできません
では、日焼け止めを塗っている肌には脱毛施術をおこなうことはできるのでしょうか?

日焼け止めとは、紫外線が肌に浸透しないように予防するものであり、。紫外線拡散剤や紫外線吸収剤といった紫外線をカットするものが含まれています。

紫外線が肌に当たるとメラノサイトが肌を守るために黒くしていき、これが日焼けとなります。
紫外線は黒い色に吸収されるのでますます黒くなっていきますが、脱毛機から照射される光も黒い色に反応するものの、そこには紫外線が含まれていませんので、これが原因で黒くなることはありません。

また、日焼け止めを塗っていたとしても、紫外線拡散剤や紫外線吸収剤に直接的に影響することは少ないといわれています。とはいえ、肌に塗ると白くなってしまうようなペース状の日焼け止めは、脱毛効果を下げてしまう可能性が大毛穴に日焼け止めを詰めてしまい施術の為にシェーピングした後の毛を隠してしまうので、光による効果を邪魔してしまうのです。

脱毛機は黒色のメラニン色素に反応しますから、毛穴に日焼け止めが詰まってしまっていると、しっかりとした効果を発揮することが難しくなるので、できるだけ日焼け止めを塗らないで施術を受けるのが望ましいのです。

こんな日焼け止めはNG

脱毛施術前は日焼け止めを塗らない方がいいのですが、それが原因で施術前に日焼けしてしまったら大変。
施術前の日焼け止め対策は無視できないので、毛穴に詰まってしまうクリームタイプの日焼け止めは避けて、スプレータイプかリキッドタイプの毛穴に詰まりにくいタイプを使うようにしましょう。
そして、施術スタッフに日焼け止めを塗っていることを必ず伝えるのを忘れないようにします。

ちなみに、スプレータイプやリキッドタイプでも、ウォータープルーフの日焼け止めは絶対にNGです。
施術前は軽く拭きとるぐらいしかできないので、残ってしまう可能性が大。そうなると、脱毛施術が最大限に発揮されなくなってしまいます。

脱毛後の日焼け対策は重要

脱毛後はお肌がとてもデリケートな状態になっているので、保湿や紫外線からのケアも注意しておこなわなければいけません。日焼け止めを塗らないと、紫外線によるダメージをいつも以上に受けてしまいます。

脱毛機の光でシミはできないものの、紫外線でシミや軽い火傷につながってしまう事があるので決しておろそかにはできないのです。ただ、お肌の状態を見た保湿と日焼け止めが必要。

サロンスタッフに相談してみるといいでしょう。

↑ PAGE TOP